AGAの治療で発毛は可能?

AGAは治療ができる

AGAによる薄毛の症状にお悩みの男性は意外と多いようです。薄毛というと市販の育毛剤でセルフケアするのがこれまでの常識でしたが今は違います。男性の薄毛、つまりAGAは治療によって改善することがわかってきたからです。
というのは薄毛の原因がはっきりしているから。DHTという物質が原因なのです。これがヘアサイクルを乱すことで、髪が太く長く成長する前に抜け落ちるようになります。こういった未熟な髪が増えていくことで髪のボリュームが下がり、薄毛が進行するのです。
AGAはこのようにDHTが原因とわかったので、このDHTを抑える薬を投与することで症状の改善が望めます。ただ、AGAの治療は健康保険が使えないので、治療費は全額自己負担となるのです。

早めの対策で発毛の可能性がぐんと上がる

AGAは原因が発揮しているため、治療によって改善が見込めます。ただ、あまりに症状が進行してしまうと、いくら薬の力を使っても手遅れということもあるのです。つまりほかの病気の同様、AGAも早期発見早期治療が絶対なのです。
いわゆるつるっぱげになってからでは遅い、その理由を説明します。AGAはヘアサイクルが乱れて未熟なまま抜け落ちる毛が増えていくことで薄毛が進行していく症状です。未熟であってもまだ毛があるうちならなんとかなりますが、本当に毛が毛根からなくなった状態では、AGAの治療薬は功を奏しません。一見、ツルツルに見えても産毛のような毛がまだあるなら可能性はありますし、もちろんそうなる前の髪のボリュームが下がったという早期治療の方が改善の可能性が高いのです。

© Copyright Hair Growth Everyday.All Rights Reserved.