AGAの原因は人それぞれ

AGAの実際の原因って

男性の脱毛症として知られるようになったAGA。薄毛の症状が進むのはDHT、これがヘアサイクルが乱すことで薄毛の症状が進むということが定説になり、DHTを抑える薬を飲むことで、増えすぎたDHTを抑え抜け毛を防ぎつつ、発毛促進の薬によって髪を育てるという治療法が確立しています。化学的にはこのDHTが増えすぎることが問題なのはわかりますが、まったく症状が出ない男性もいれば、若くして大変なことになる方もいらっしゃいます。それにAGAは遺伝といわれていますが、父や祖父はふさふさとまではいかずとも、そんなに薄毛ではないのに自分だけ若ハゲという方もいらっしゃるよう。一言でAGAと言っても、その原因は人それぞれのようなのです。

自分に合った対処法でケア

DHTが増えるのは遺伝だけではないようなのです。原因として考えられるのが、間違った頭皮ケア、生活習慣の乱れなどによるストレスです。前者に関してはよくある間違いが、洗いすぎです。頭皮に油がたまるとそれが発毛を阻害すると思って、洗いすぎることです。洗った方が清潔に保てますが、洗いすぎると必要な皮脂まで洗い流してしまいます。皮脂は適量なら天然の保湿剤という大事な役目を果たすもの。つまりこれが過剰洗浄によってすっかり洗い流されてしまうと頭皮が乾燥し、それが発毛を阻害してしまいます。後者に関して、ストレスは自律神経やホルモンバランスを乱します。その結果発毛を阻害することに繋がるのです。
適切なシャンプーと、ストレスをため込まない生活で、AGAの症状が改善する可能性があります。

© Copyright Hair Growth Everyday.All Rights Reserved.