AGAの治療とは?

治療薬を用いた治療法

AGAとは男性型脱毛症のことであり、額の生え際や頭頂部、または両方から薄毛が進行していきます。AGAの主な原因は男性ホルモンの影響ですが、他にもストレスや生活習慣の乱れなどが原因となります。
AGAの治療ではプロペシアという内服薬と、ミノキシジルという外用薬を用いることが多いです。プロペシアは厚生労働省が認可している唯一の薄毛治療飲み薬であり、AGAの原因である男性ホルモンの働きを抑制します。ミノキシジルは頭皮の血行を良くし、発毛及び育毛を促す効果があるとされています。この2つの治療薬を併用することで、薄毛改善効果を期待できるのです。
しかしプロペシアとミノキシジルは、使うのを止めてしまうと薄毛の状態に戻ってしまいます。そのため使い続けることが大切です。

自分の髪の毛を移植する

AGAがかなり進行して毛母細胞自体が死んでしまっている場合や、治療薬による改善が見られない場合は、自毛植毛という方法があります。自毛植毛とは、自分の後頭部や側頭部から薄くなっている部分へ頭皮ごと髪の毛を移植する治療法です。後頭部や側頭部にはAGAの原因である男性ホルモンの受容体が無いため、AGA耐性があります。そのため一度自毛植毛をすれば、移植した髪の毛がAGAにより再び薄くなることはありません。また自分の髪の毛を移植するため、拒絶反応も無いです。
ただし植毛していない部分の薄毛の進行を抑えるために、自毛植毛後も治療薬を続ける必要があります。治療薬を止めると薄毛が目立つ部分が新しくできてしまうので、注意してください。

© Copyright Hair Growth Everyday.All Rights Reserved.